民法第六百五十三条

第六百五十三条(委任の終了事由)

委任は、次に掲げる事由によって終了する。
一  委任者又は受任者の死亡
二  委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと。
三  受任者が後見開始の審判を受けたこと。

関連条文


判例


関連過去問

memo


  • 最終更新:2009-09-04 18:11:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード