行書H26-3


 憲法13条に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 幸福追求権について、学説は憲法に列挙されていない新しい人権の根拠となる一 般的かつ包括的な権利であると解するが、判例は立法による具体化を必要とするプ ログラム規定だという立場をとる。

2 幸福追求権の内容について、個人の人格的生存に必要不可欠な行為を行う自由を 一般的に保障するものと解する見解があり、これを「一般的行為自由説」という。

3 プライバシーの権利について、個人の私的領域に他者を無断で立ち入らせないと いう消極的側面と並んで、積極的に自己に関する情報をコントロールする権利という側面も認める見解が有力である。

4 プライバシーの権利が、私法上、他者の侵害から私的領域を防御するという性格をもつのに対して、自己決定権は、公法上、国公立の学校や病院などにおける社会的な共同生活の中で生じる問題を取り扱う。

5 憲法13 条が幸福追求権を保障したことをうけ、人権規定の私人間効力が判例上確立された 1970 年代以降、生命・身体、名誉・プライバシー、氏名・肖像等に関する私法上の人格権が初めて認められるようになった。

解説等

憲法第十三条(個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利)
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

1 誤り
 幸福追求権について、学説は憲法に列挙されていない新しい人権の根拠となる一 般的かつ包括的な権利であると解するが、
ここまでは正しい

判例は立法による具体化を必要とするプ ログラム規定だという立場をとる。

(最判昭44・12・24刑集23-12-1625)より

「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態(以下「容ぼう等」という。)を撮影されない自由を有するものというべきである。
 これを肖像権と称するかどうかは別として、少なくとも、警察官が、正当な理由もないのに、個人の容ぼう等を撮影することは、憲法一三条の趣旨に反し、許されないものといわなければならない。」

とあるように判例はこの権利が具体的な権利であると肯定している。

2 誤り
 本肢は人格的利益説の説明である。(幸福追求権参照)

3 正しい

4 誤り
 自己決定権とは「自分の生き方や生活についてを自由に決定する権利」であり、「公法上、国公立の学校や病院などにおける社会的な共同生活の中で生じる問題を取り扱う」ものではない。

5 誤り
 判例上確立されたのは(最判昭49・12・12 民集27-11-1536)であるが、生命・身体、名誉・プライバシー、氏名・肖像等に関する私法上の人格権については1970 年代以前より認められていた。

関連条文

判例

関連過去問

memo


  • 最終更新:2016-01-18 08:17:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード